結婚に際して・教会結婚の費用

  • 投稿日:
  • by

◆結婚に際して
特別お世話になった人へのお礼は、現金がよい
最近は、結納に現金を交換することがだんだん少なくなってきていますので、その場合は仲人にどのくらいお礼してよいか迷います。

とくに、見合いの紹介者、結納の使者、結婚式だけの頼まれ仲人とそれぞれちがう方にお願いしたときは、なおさらです。

そこで適当な贈答品でお礼することもあるようです。

しかし、結婚にお世話いただいた方へのお礼は、ふだんの贈答とはちがうのですから、現金で感謝の意を表わすのが慣習になっています。

金包みの表面には、「御礼」と書き、その下に新郎新婦の新しい姓名を書きます。

目上の方に現金を贈るのですから、若い二人からよりも、両親から手渡してもらうのがよいでしょう。


◆教会結婚の費用は、ほとんど花嫁側がもつ
欧米流の風習では、結婚式の諸掛りの分担は、新婦側がほとんどもちます。

新郎側は花嫁と付き添いの花束代、付き添いへの贈り物の費用、教会の費用のうちでいちばん経費のかかる装飾用の花代と音楽の費用をのぞいたもの。

それに式の世話をしてくれた人びとに対する謝礼、新郎側の乗物費用など、費用の額の少ないものばかりです。

これに対して、新婦側の負担は、花嫁衣装の費用、教会の飾り花費、オルガン、コーラスの謝礼、式次第書の印刷費、披露レセプションの費用、乗物の費用などかなりの負担額になります。

そこで、すべての行事は新婦側の親たちが無理なく負担できる範囲にするのが常識とされています。

看護師 結婚

仲人への謝礼

  • 投稿日:
  • by

◆挙式のあとの仲人への謝礼は、結納金の二~三割が適当
見合い、結納、結婚式と、すべてを通じて一人の仲人に世話をしていただいた場合は、なるべく早い機会に両家の親がそろって仲人宅にお礼にいかねばなりません。

もちろん、途中で仲人に立て替えていただいた分は、そのつど、払わなければなりませんから、それとは別の感謝の意味で差し上げるお礼です。

このお礼は、ふつうは、結納金の二~三割が適当で、両家で半分ずつ負担します。

結納金は、まえにも述べましたように、男性の月収の二~三倍ですから、計算なさってください。

お世話になった度合いや、仲人の社会的地位などによって、それぞれこの額を目安にふやすなり、へらすなりしてかまいません。


◆頼まれ仲人と下仲人のお礼は、同額にする
実質的な仲人は別にいて、挙式のときだけ形式的に仲人をつとめるのは、上司や目上の方がほとんどなので、お礼を張りこむのがふつうです。

ところが、その結婚のために本当に力を尽くしてくださった下仲人への謝礼は、えてして軽んじられがちです。

しかも精神的、肉体的、経済的に大きな負担をかけているのですから、そのお礼は、頼まれ仲人と同額程度、場合によってはそれ以上が妥当な場合もあるでしょう。

はじめに紹介を受けて、あとは二人が自主的に事を運んだ場合の紹介者は、たくさんのお礼は必要ありません。

といっても、この人なしには結婚はなかったのですから、いつまでも感謝の気持ちは忘れないように、ときどきの挨拶と便りを欠かさないように心がけましょう。

セレブ 結婚

◆自宅での披露宴では、酒宴が長引かないように注意する
自宅で披露宴を行なう場合は、深夜に至る酒宴も珍しくないようです。

ある地方では、婚礼と披露宴の順序が逆で、婚礼の日の午後、花嫁の家で、まず花嫁の親戚や近隣者を招いて祝宴が開かれ、それがすむと、いよいよお輿入れして、婚礼の儀式は夜。

つづいて花婿の家で披露の酒宴が夜中の三時ごろまでつづき、さらに翌日、翌々日と招待客が入れかわって繰り返されるといいます。

これでは、花婿、花嫁、ことに花嫁はたまりません。

こういうとき、仲人や司会者は、はじめに「勝手ながら○時までに終えたいと思います」と断わるなり、新婚旅行に宴の途中から旅立たせたりするのが賢明です。


◆招いた側で負担する
遠隔地の方であっても、ぜひ出席していただきたい方には、交通費、宿泊費を負担する旨を書き添えての招待状にするのがエチケットです。

一方、場合によっては、「お互いさまですから。どうぞお気づかいなく・・・・」と、返信に書くのもエチケットです。

出席の返事をいただいたところで、乗車船券、宿泊券などは早めに届けましょう。

したがって、返信はすぐに出します。

宿泊については、結婚式、披露宴の会場から交通の便のよい場所を用意します。

慶事は、ことのほか日柄を選びますので、早めに予約をしたいものです。

特別の方以外はどなたも等級差のない部屋を用意することです。

看護師 結婚

ガーデンパーティ・自宅披露宴

  • 投稿日:
  • by

◆ガーデン・パーティで披露するときは、雨天の場合を考えておく
季候のよい春秋に美しい庭園で開く披露のガーデン・パーティは、楽しいものです。

茶の湯の野点と同様に、自然にとけあっての集いは、心も晴れ晴れといたします。

形式はティー・パーティ式のもの、天幕をはって、おすしやおでんなどの模擬店を出す形のもの、ビュッフェ式とさまざまです。

いずれも堅苦しい形式ぼったものではなく、気楽にくつろげるのが特長の披露パーティです。

ただ、心配なのは天候です。

結婚披露宴は雨天順延というわけにはいきませんから、雨天の場合はすぐ屋内に移せる用意を忘れないように。

「降らずとも雨の用意」をというのは、千利休の教えのひとつでもあります。


◆自宅での披露宴では、来賓の挨拶中は新郎新婦は座蒲団をはずす
地方ではいまでも自宅での結婚式、披露宴が多く、流儀もいろいろあるようです。

一般的なお座敷のつくり方は、まず床の間にめでたい軸をかけます。

その前に新郎新婦仲人がすわります。

中央に鏡餅、その左右に御神酒をかざり、三宝熨斗、置鯉、置鳥、銚子、提子をおき、その前で三三九度の杯を交わします。

披露宴では親族以外の客を上座に、親族は下座にすわります。

酒と第一の膳が出たら仲人の挨拶、来賓の祝辞、花婿の父親のお礼のことばがあります。

このとき新郎新婦は、すわっている場合は座布団をはずすのが礼儀です。

そのあと披露宴につきものの謡曲を謡師がうたったら、新婦はお色なおしに席を立ちます。

シニア 結婚相談所

新郎新婦挨拶・引出物

  • 投稿日:
  • by

◆披露宴の最後の挨拶は、新郎新婦双方の側がするのがよい
披露宴も大詰めに近づいてきました。

最後のしめくくりは親の挨拶です。

司会者の指名を受けたら、新郎新婦の両親が末席のはずれに立って並び、新郎新婦それぞれの父親が挨拶をします。

挨拶の内容は、まず、お客さまへ、忙しいなかを出席してくださったことへの感謝と、仲人へのお礼を述べ、最後に若い二人への今後の指導と支援をお願いします。

このとき、新婦の父親のひとこともあるのがよろしいかと思います。

新郎新婦が招待主の場合は、終わりの挨拶も、若い二人が行なうのもよろしいでしょう。

この場合、挨拶の内容は、親の挨拶とほぼ同じでよいのですが、最後に、今日まで育ててくれた両親への感謝のことばを添えます。


◆結婚披露の引出物は、軽くて小さいものを選ぶのがよい
披露宴には引出物がつくのが習慣です。

従来は折詰め料理を出すのが常識でしたが、最近では、お祝い返しの意味もふくめて、接待客全員に同じ記念品を贈るようになりました。

この引出物を何にしたらよいか、だれでも迷うものです。

お持ち帰りいただくのですから、ひとかかえもある大きな箱入りの食器だとか、重くて運ぶのに汗をかくような鉄製の花瓶などは、見かけだけで感心しません。

好印象だったのはしゃれた箸置きでした。

都会ではとりわけ、二次会、三次会と続くことがありますから、なおさら、軽くて小さいものがよいでしょう。

ただ、数が多く必要なので、早めに注文し、そろえなければ間に合いませんからご注意を。

看護師 結婚

見合いの結果

  • 投稿日:
  • by

◆見合いの結果は早目に
見合いの結果は、交際を望むにしても望まないにしても、できるだけ早目に仲人に返事をするようにします。

もし、すぐ結論がでないような場合でも見合いの翌日には一応、仲人にお礼の電話をしておくのが礼儀です。

仲人へのあいさつは付き添い人あるいは親からするほうがいいでしょう。

結果を尋ねられた時、はっきりしていればその旨を伝え、もし決心がつきかねている時は、「いい方だと思いますが、本人の気持ちを確かめて」などと答えます。


◆交際を望む時
相手を好ましいと思い、交際をしてみたいと希望する時は、一般には仲人を通して意思表示します。

仲人への報告は直接本人、あるいは親からしてもかまいません。

厳密には、仲人宅へ出向いて申し出るべきですが、最近では略式に電話で行うのがほとんどです。

交際の希望はあくまでもこちらの意思で、相手方の気持ちはわからないのですから、決めつけた言い方ではなく、

「大変ご立派な方だと存じます。もし先様さえよろしければ、しばらくご交際させていただきたいのですが」

と、相手の意思を尊重する言い方がいいでしょう。

近ごろは男性が交際を希望する時は仲人を介さず、直接相手の女性のほうに電話をし、交際したい旨を申し込むという行き方も増えているようです。

この場合でも、必ず仲人には報告し、仲介の労に対して謝意を表します。

ただし、女性側に交際の意思がない時は、返事に窮するような立場になりかねないので、注意が必要です。

結婚相談所

見合いに向けて 仲人の重要な役割

  • 投稿日:
  • by

(1)日取りや場所など、双方の都合を確かめて設定します。

この時、一方の都合だけを重視せず、双方の意向を公平に取り入れるように注意することが大切です。

(2)服装や付き添い人の数などがアンバランスにならないように気をつけ、事前に双方にアドバイスします。

不均衡が目立つと、いずれの側も当惑するものです。

(3)両家の家庭や本人たちについてよく知っておくと、見合いの席で話題が引き出しやすくなります。

この際、ただ引き合わせるだけで役目が終わるのではなく、最後まで席を盛り上げることが大切な役割です。

(4)双方が共通に話し合える話題を引き出す

なるべく当人たちの個性、人間性が出せるような話題を見つけることも重要です。

(5)もし、どちらかにとって不都合な話題が出てきたら、気まずくならないうちに、さり気なく話題を変えることも仲人として気を配らなければいけない点です。

(6)緊張感を解き、リラックスした雰囲気で話し合えるように気を配ります。

軽い冗談などを披露することもいいでしょう。

(7)見合いの終わり時を見はからうのも仲人の役目です。

いつまでもだらだらしているのはしまりがないものです。

適当に本人たち二人を残して引きあげるタイミングも、仲人役の上手なこなし方のポイントといえます。

看護師 結婚

見合いの進め方

  • 投稿日:
  • by

双方がくつろいで話ができる雰囲気を作り、座がしらけないようにするのが仲人の第一の役割です。

全員がそろって着席したら、仲人はまず両者の紹介をします。

紹介の順序は、到着の遅かったほうからするのが自然でしょう。

紹介された本人は軽く会釈し、改めて自分で名のります。

付き添い人がいる時は、本人たちに続いて付き添い人の紹介とあいさつをします。

紹介が済んだら仲人があいさつをします。

このあいさつもあまり堅苦しい形式ばったものよりも、ユーモアを含んだような、ざっくばらんな調子で、くつろいで話ができる雰囲気を作るように心掛けたいものです。

仲人は、二人の趣味や特技など会話のきっかけを作り、本人同士が話をしやすいように進めていきます。

男性側からの、あるいは女性側からの一方的な話ではなく、両方がそれぞれに適当に話ができるようにします。

双方の間で話がはずむようになれば首尾は上々。

二人の会話のさまたげにならないように、時々相づちを入れたり、会話がとぎれた時に助け舟を出す程度にします。

二人がよく知り合うための見合いですから、仲人や付き添いがあまり口を出し過ぎたり、本人たちを無視したような会話は禁物です。

本人たちが、きづまりな思いをせず、自由に話し合いができるようなムードを作り、会話がうまくはずむようにはかるのが、付き添い人や仲人の大きな役割でもあるのです。

シニア結婚

見合いの場所の決め方

  • 投稿日:
  • by

見合いの場所は、どこでなければという決まりはありません。

自然に、気軽に話し合える場所があればいいわけです。

ふつう仲人宅とか、男女どちらかの家、あるいは静かな雰囲気のレストランや喫茶店などを選びます。

共通の趣味があれば、音楽会や観劇会で見合いする方法もあります。

でも、第三者に、いかにも「お見合いだ」と感じさせる設定はやめたいものです。

男女どちらかの自宅で行う場合は、まだ見合いの段階で結婚が決まったわけではないのですから、あまり隣近所の目に立つのは考えものです。

見合いが結婚へつながるとは限らない昨今は、男女どちらかの宅でというのは、少なくなっています。

しかし、地方では仲人が女性に付き添って男性宅に出向き、そこで見合いをすることも多いようです。

人の出入りが激しくて、落ち着かない場所も、本人たちの存在がボケてしまう恐れがあります。

また、改まったレストランなどでの食事も、マナーやウェイターの目などが気になって、打ち解けて話がしにくいもので、避けたほうが賢明です。

場所が決まったら、行き違いの起こらないように、双方に詳しく場所を知らせ、電話番号も伝えておくと、万一連絡する必要が生じた際などに便利です。

看護師 結婚

◆見合いの席での態度

女性側の出過ぎた態度も感じの悪いものです。

リードはごく自然に仲人や男性にまかせます。

初対面の相手のコーヒーに砂糖を入れたり、たばこに火をつけたりということはするべきではありません。

こんなサービスは、全く相手に対する心づかいとか、優しさというものではないのです。

度の過ぎた遠慮もマイナスです。

例えば上座をすすめられたら、一応は辞退しても、いつまでも譲り合いを続けるのはナンセンス。

「では失礼します」と軽く会釈をして着席するほうが、スマートな対処の仕方です。

見合いの席では、たとえ相手が気に入っても気に入らなくても、それを露骨に表すのは厳禁です。

あまり相手に好意をみせたり、逆に失望の表情を出したりせず、ごくさり気なく、初対面の人への節度を守り、相手や仲人を不愉快な気持ちにさせたり、迷惑を掛けることは慎むべきです。

◆見合いの日時の決め方


日取りは、本人たちの都合を聞き、仲人自身の都合も合わせて決めます。

暦のうえの吉日でなくても、お互いの都合のいい日にすれば良いのです。

昔は、縁起をかついで、暦の吉日を選んだものですが、最近の若い人は暦の吉凶など迷信だとして気にしない人が大半です。

しかし、お年寄りのいる家庭では、まだ気にする人も多いので、支障のない限り、その希望に、当事者をある程度説得するのも仲人の役目です。

見合いはふつう昼間にし、夜はよほどの事情がないかぎり避けるようにします。

夜の光線の中では、はっきり相手をみることができにくいし、実際と違った印象を与えることが多くなりがちだからです。

熟年結婚